トップ

お泊り時のメイク方法

メイクをしたまま寝るダメージ

肌のコンディションが悪くなる原因

現代は、女性に限らず男性もスキンケアに力を入れる時代です。

誰にとっても美しい肌は憧れであり大切なものであるということなのでしょう。肌のコンディションを悪くしてしまう原因は色々ありますが、ファンデーションを付けたまま寝ることもその原因のひとつです。

ファンデーションには、顔料をはじめ金属や油分など色々なものが含まれています。
肌に乗せた状態で長時間経つと、しだいに酸化して行きます。それが皮脂と混ざり、肌に様々な問題が現れるようになります。

例えば、ニキビができたり毛穴が目立つようになったりします。肌に炎症が起こり、コラーゲンが壊れてしまうこともあります。また、皮膚に必要な油分や水分がファンデーションに含まれる成分に吸収されてしまい、乾燥してシワができる場合もあります。

他にも、メラミンが付着しやすくなる為、シミもできやすくなると聞きます。つまり、ファンデーションを落とさずに眠ることは美肌の大敵だということです。

肌のターンオーバーがスムーズにできなくなると、どうしても肌の調子が悪くなります。その影響は想像以上に大きく、たった一晩ファンデーションを落とさず眠っただけで、なんと一年も肌が老化してしまうとまで言われているのです。

しかし、最近は、つけたまま眠っても大丈夫なお肌に優しいミネラルファンデーションもあります。おすすめのミネラルファンデーションならこちらを参考にして下さい。お酒を飲んで帰ってきた時や疲れている時などは、ついメイクを落とさずに寝てしまいたくなりますが、ここはやはりきちんとクレンジングはするべきです。メイクは、クレンジングをしなければきちんと落とし切ることはできません。

もちろんアイシャドウなどのアイメイクも同じです。アイシャドウをしたまま寝ると、色素沈着を起こす危険もあります。ですから、必ずメイクはしっかり落としお手入れをしてからベッドに入る必要があるのです。

Copyright © メイクをしたまま寝るダメージ. All rights reserved.